色々な薬のケースを持つ人

現在日本でも少しずつ低用量ピルが普及してきています。
この低用量ピルの中にトリキュラーという物があります。
意外と知られていませんが、通販サイトでトリキュラーは安く買えるものです。
これは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きによって、避妊効果を得ることができる物となっています。
トリキュラーは、卵胞ホルモンの配合量は一定となっていますが、黄体ホルモンの配合量は3段階に変化しています。
最初の頃にあまり必要のないプロゲストーゲンを少なくすることによって、自然のホルモン分泌のパターンに近づけています。
そうすることで高い避妊効果を持ち続けたまま、1周期あたりのホルモンの総含有量を低くさせていくのです。
しかしここで注意しなければいけないことは、服用の順番を間違えてしまうと、緊急避妊の効果の低下や不正出血の原因になってしまうので、しっかりと用法や用量を守るようにします。
トリキュラーの避妊効果は正しく服用することで、しっかりとした効果を得ることができます。
そのメリットとしてはまずは排卵を起こらないようにします。
低用量ピルに含まれている女性ホルモンが、脳下垂体に働きかけることによって、卵胞刺激ホルモンや黄体化ホルモンの分泌を抑えます。
その結果卵巣の中にある卵胞が成熟しなくなり、排卵が起こらないと言うことになるのです。
このほかには受精卵を着床しにくくするという効果があります。
これはどのような仕組みになっているのかというと、子宮内膜を厚くさせないで、受精卵を着床しにくい環境にしているのです。

経口避妊薬のシートの見方

経口避妊薬のシートの見方を知っておきましょう。
低用量ピルと言われ、避妊薬として一般的に知られていますが、その他にも生理周期のコントロール、月経前の症状の緩和、生理痛の軽減などにも効果があります。
女性ホルモンの入っている21錠が1シートになっているものがあります。
これは、1錠ずつ決まった時間に順番通りに21日間続けて飲みます。
1シートをすべて飲み終わったら7日間休みます。
また、8日目から新しい21錠の1シートを同じように飲みはじめます。
見方は、配列と数で分かりやすくなっています。
一方、28錠タイプの女性ホルモンの入ったシートは、21錠に加えてそれ以降の7錠にはホルモンの入っていないプラセボをプラスしています。
こちらは、1錠ずつ決まった時間に順番通り28日間継続して飲んでいきます。
1シートを飲み終えたら、翌日から新しいシートを飲み始めていきます。
28錠シートの見方は、7錠が4列の配列になっているのでこちらもわかりやすくなっていますし、薬を休む期間を作らなくて済むので習慣化しやすいため飲み忘れがなくなります。
どちらも避妊薬として広く使われているのですが、21錠タイプは薬を休む期間を作る必要があるので管理が苦手だという方もいらっしゃいます。
飲み忘れをしてしまうと、避妊薬として効果が得られないものなので、どちらも決まった量を決まった時間、毎日1錠を飲むという用法をしっかりと守る必要があります。
もちろん、避妊薬以外でも用いられている薬ですので、生理痛、月経前の症状の緩和、生理のコントロールにも広く使われていますが、その際でも、用法をきちんと守る必要があります。
どちらのシートが自分のライフスタイルや性格にあっているかも、検討してみてください。

生理不順にならないために

低用量ピルは避妊薬の一つなのですが、避妊だけではなく生理不順にならないために使われることもあります。
これはピルに含まれる女性ホルモンの効果です。
本来は体内で分泌されている女性ホルモンですが、決まった量を決められた日数だけ飲むことで生理周期が規則的になるのです。
ピルを飲むことで月経も軽くなりホルモンバランスが安定するため、ニキビなどの肌トラブルが改善することもあります。
ニキビを治す薬として活用されることもあります。
月経に関係するホルモンの分泌量の変化で月経痛も軽くなります。
また、乳房にしこりなどが出来る良性乳房疾患や子宮体がんなどのリスクも減少すると考えられています。
更年期の女性による生理不順は通常のピルではなくクリマラと呼ばれる、皮膚に貼るパッチが用いられることがあります。
ピル同様にホルモンバランスを整えることによって生理不順を解決します。
ホルモン補充療法で用いられるクリマラは更年期障害に有効であるとされています。
女性の悩みを解決できる薬である一方で、薬である以上誰もが服用可能というわけではありません。
よく知られているのが喫煙者の服用は危険だということです。
喫煙者の年齢や喫煙本数にもよりますが、血栓症になるリスクが高くなってしまうのです。
もともと高血圧や血栓症、心筋梗塞にかかったことがある人も服用できません。
糖尿病や肝機能障害のある人、乳癌や子宮体癌がある人も服用できません。
低用量ピルはもともと、妊娠した状態の体を人工的に作り出して避妊するという仕組みの薬です。
現在のピルは初期の頃のものと比べて非常に低用量になっていますから、副作用もあまりないのですが、初めて服用するときにはつわりのような症状が見られたり、不適切な時期に出血を起こすことがあります。
大抵は数ヶ月の服用後飲み慣れて治るのですが、長く続いたり異常を感じるときには迷わず医師に相談しましょう。
避妊薬としてピルを利用する場合、当然のことながら性感染症には全く無防備となります。
コンドームなどでも防ぎきれない感染症は多いのですが、ピルの場合はさらに無防備なのです。

記事一覧

女性には毎月生理というものがあり、これは閉経するまで長く続く習慣ですが、この生理には非常に個人差があ...

生理不順の症状には様々な種類があります。 まず周期異常があげられますが、正常な生理の周期は25日から...

日本では治療目的でも避妊目的でもピルを購入するには医師の処方が必要になります。 そのため、生理不順で...

生理不順を治すために使用される医薬品にはいくつかの種類がありますが、その一つとなっているのがピルです...

生理のある女性は、男性とセックスを行えば、妊娠してしまう可能性はゼロではないので、子供を欲しいと考え...

心配する女性

生理不順は、最近若い女性の間で増えているといわれています。 生理が、早かったり遅かったり、また周期的...

落ち込む女性

エストロゲンとは、一般的には卵胞ホルモンと呼ばれるホルモンで、女性ホルモンの一種です。 卵巣や胎盤等...

笑顔の女性

ピルは、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが含まれている薬で、女性の体を妊娠した状態にに...

薬を持つ女性

セックスレスは、現在の日本で深刻な悩みの一つとされています。 長年連れ添った夫婦がセックスレスになる...